1. Home
  2. /
  3. おしらせ
  4. /
  5. 村田喜代子さんの「光線」の解説が本の話webに掲載

村田喜代子さんの「光線」の解説が本の話webに掲載 ( 2016年2月24日 )

ガンを克服した芥川賞作家が、生のあり方を問う短篇集
原発事故のニュースを見ながら、自分の癌に放射線治療を受ける――表題作「光線」をはじめ、震災後の生き方を短篇の名手が問う八篇。

玄侑が執筆した村田喜代子さんの「光線」の解説「震災直後、ガン放射線治療を受ける女性にとって、放射能とは、東日本大震災とは?」が、本の話webに掲載されています。

関連リンク

書籍情報



題名
出版社
出版社URL
発売日
価格
円(税別)※価格は刊行時のものです。
ISBN
Cコード
ページ
当サイトURL

タグ: 解説

トップへ戻ります