1. Home
  2. /
  3. 川端康成

川端康成「眠れる美女」
(エッセイ・ 2004/12/2 )

 『眠れる美女』は、『みずうみ』の六年後、川端氏六十歳のときに書かれた。わざわざ『みずうみ』の六年後、と申し上げたのは、そこに『みずうみ』で見せられた魔界の深まりを感じたからだ。  主人公は江口という六十七歳の男性。妻も […]

続きを読む…


「みずうみ」という魔界
(エッセイ・ 2004/6/30 )

 川端康成さんの作品が好きだと、どこかで書いたことがある。どこが好きかと考えてみると、むろん細やかな心理の動きを象徴するフェティッシュなまでの具体の鮮やかさ、柔らかな構成や描かれる自然の美しさなどもあるが、何より話が転換 […]

続きを読む…

トップへ戻ります