【文庫】あの世 この世

紙書籍



著者
瀬戸内寂聴・玄侑宗久 
出版社
新潮社 
出版社URL
発売日
2006年4月25日
価格
432 円+税
ISBN
9784101144399 
Cコード
C0195 
ページ
ページ
内容
僧侶歴30年で文壇の大御所と、臨済宗名刹の副住職で芥川賞作家。年の差34歳のふたりが初顔合わせ。お互いの小説や修行僧時代の秘話から始まった対談は、やがて「愛欲の悩みをどうするか」「不慮の死はどうやって受けとめるか」といった話題に。聖俗の両側から人の煩悩を見つめながら、あの世とこの世を縦横無尽に語り合う。作家で僧侶のふたりがやさしく教えてくれる、極楽への道案内。
この対談の一部はNHK「ETVスペシャル」で放送されました。
著者から
おそらく寂聴さんも私も、陰陽で云えば陽なのだと思う。陽の基本的性格は「動き回ること」。単に行動のことばかりでなく、気持ちの在り方も我々は動的ではないだろうか。(一陽来復(いちようらいふく)―はじめにより)
もくじ
はじめに―玄侑宗久
一、あの世はあるのでしょうか?
二、仏教に入るまでの道を辿る
三、お釈迦さまの慈悲と最後の旅について
四、この世の苦と楽について教えてください
五、ふたたび、あの世とはどんなものでしょうか
あとがき―瀬戸内寂聴

関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります