禅とは“下着”。ある意味、無節操 他宗教の信者も禅を学びに来る

<(人は)怒りの種を自分の頭や口で再生産している>。至言である。かように示唆深い禅の想念を、玄侑宗久氏は実体験をベースに都々逸(どどいつ)や俳句を引用しながら、時にアカデミックなアプローチを交え、手ほどきする。融通無碍( […]

続きを読む… from 禅とは“下着”。ある意味、無節操 他宗教の信者も禅を学びに来る

【文庫】禅語遊心

禅は世間の常識を疑ってかかる。この世で生きていくうえで常識はたしかに必要だが、それは往々にして私たちの精神を不自由にもする。禅が何より大切にするのは、心を解き放つこと。常識に潜む邪気に無邪気で向き合うのだ。禅語と呼ばれる […]

続きを読む… from 【文庫】禅語遊心

禅語遊心

世間の常識に「無邪気」で向き合い、もっと自由に心を解き放つ。季節に寄り添い自然と親和する。禅語の世界の豊饒を墨蹟と達意の文章で綴る。魂の禅的生活実践篇。 […]

続きを読む… from 禅語遊心

トップへ戻ります