うゐの奥山 第48回

西来院での偶然

 この世に偶然などないと考える人々もいる。そういう人々にとっては、悪いことが続いたりすると深刻である。必ず原因が明確にあるはずだと考え、それがはっきりしないのは自分の力不足だと思い、自責的にもなってしまう。逆に善(よ)いことが続くと有頂天になりやすく、いずれにしても接しにくい。
 一方で、この大きな世界の繋(つな)がりやうねりは信じるものの、それは到底我々に把握できるはずもない、と思っていれば、日常に起こる偶然や「ご縁」がそんな世界の氷山の一角に思え、とても楽しく感じられたりする。私の敬愛する赤瀬川原平氏は、亡くなるまでずっと、日々のそんな偶然をノートに書き留めつづけていたらしい。
 そんなことを憶(おも)いだしたのは、今回講演のために出向いた沖縄でじつに不思議な偶然に出逢(であ)ったからだ。
 講演のあった二月四日は、北朝鮮によるミサイル発射予告のせいで、沖縄本島や石垣島に迎撃用のミサイルが設置されつつあった。こんな時に沖縄で講演、というのは何とも間が悪い。現実に目を背けるわけにはいかないのだが、私が準備していたのは道教的な究極の和合を象徴する「鶴と亀」の話だったのである。
 なんとか無事に講演を終え、翌日飛行場へ向かう途中、今度はしかし逆の意味での奇遇が待ちうけていた。少々時間に余裕もあったので、私は以前から気になっていた同宗同派の達磨寺西来院(だるまでらさいらいいん・那覇市首里)に寄りたいと思った。沖縄という特別な宗教空間でいかなる布教活動をしているのか、とても興味があったのである。
 小雨降る道を進むタクシーの運転手さんは、七十代だろうか、車にも人にも年季が沁(し)み込んでいた。雨に濡(ぬ)れないお寺の駐車場で待ってもらい、私は階段を上がって二階の本堂に入ってみた。
 ちょうど数人の参拝客がおり、内陣では若い夫婦が子供を抱いて椅子に坐(すわ)り、法衣を着た僧侶が儀式を始めたところだった。どうやら主人公は子供のようで、いわゆる「お宮参り」らしい。終わってからその和尚さんに挨拶(あいさつ)すると、残念ながらご住職は留守だという。
 ここまでは別事ないのだが、驚いたのは駐車場に戻ってからである。今しがた本堂で子供を抱いていた夫婦が、待っていたタクシーの運転手さんと親しげに話している。しかもそのうち運転手さんは、小さな子供を抱き上げたのである。車に乗り込んでから訊(き)くと、その子の父親は運転手さんの六番目の息子で、女の子の三十一日目の宮参りで達磨寺西来院に来ていたらしい。近くに住んでいるわけでもないと言うし、まさに奇跡的な祝福すべき偶然なのであった。
 その後、留守だったご住職夫妻から過分なお土産が届いたのは、たまたま寺庭さん(じていさん・お寺の奥さん)が私の読者だったお陰(かげ)だろうか。これもまた、もう一つのありがたい偶然である。

2016/03/05 東京新聞ほか



題名
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ
出版社
筑摩書房
出版社URL
発売日
2020/5/9
価格
1600円(税別)
ISBN
9784480815538
Cコード
0095
ページ
240
当サイトURL

タグ: ,

トップへ戻ります