1. Home
  2. /
  3. /
  4. Page 2

桜並木をそぞろ歩き
(エッセイ・ 2004/3/26 )

 生まれ育った寺の本堂の前に枝垂れ桜があった。江戸時代に植えられたものだろう。幹が直径1メートルほど。子供のころに登って遊んだのが、桜についての古い記憶である。  1989年の春。その木が枯れて、最後は1本の枝にだけ何輪 […]

続きを読む… from 桜並木をそぞろ歩き


真の花
(エッセイ・ 2003/3/3 )

 桜には、複雑な思いがある。むろん私とて、桜の美しさに単純に打たれないわけじゃないのだが、桜は私にとって、単に観賞する相手では済まない存在なのである。  うちのお寺には大正五年に、四人の檀家さんによって三百五十本のソメイ […]

続きを読む… from 真の花


桜と祭
(エッセイ・ 2003/2/2 )

 誰の作かは知らないが、禅門では「昨日より 今日よりも今 桜かな」と詠う。桜を愛でる際のコツと考えてもいいが、じつは人生そのものの味わい方なのかもしれないと思う。目の前に咲く爛漫たる桜のように、私たちは今に咲いているので […]

続きを読む… from 桜と祭

トップへ戻ります