中陰の花

紙書籍



出版社
文藝春秋 
出版社URL
発売日
2001年8月30日
価格
1238 円+税
ISBN
9784163205007 
Cコード
 
ページ
173 ページ
内容
JLPP 第2回 対象作品<文化庁「現代日本文学の翻訳・普及事業」対象作品>
選考委員全員の支持を集め第125回芥川賞を受賞しました。選考委員の石原慎太郎氏は、選評に「こうした主題は人間が『存在』についての認識を持つ唯一の生命体である限り常に、そして合理がいたずらに幅をきかせる現代となればますます新しく、他にもまして文学の正統な主題なのである」と高く評価しました。(「文藝春秋」2001年、9月号より引用)
自ら予言した日に幽界へ旅立った「おがみや」ウメさん。
僧侶・則道の妻は、不思議な光や則道の背中の重苦しさに、ウメさんの気配を感じ取る。やがて妻が則道に打ち明けたある思いとは……。
中陰とは、この世とあの世の中間のこと。
人は死んだらどうなるのか?成仏とは何か?
生と死の間を誠実に描いています。

電子書籍

関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

タグ: , ,

トップへ戻ります