【文庫】慈悲をめぐる心象スケッチ

紙書籍



出版社
講談社 
出版社URL
発売日
2011年1月14日
価格
495 円+税
ISBN
9784062767972 
Cコード
 
ページ
ページ
内容
慈悲は本来、行動の規範ではなかった。
宮沢賢治と同じ仏教者の視点から、『法華経』、そして静かに賢治に対座する。
解説:岸本葉子
本文から
怒りとは不思議なものだ。仏教では「瞋」と表されるが、誰にでもある煩悩の代表格である。おそらく、怒ったことのない人は、此の世に存在しないだろう。しかし、そのような人間のためにこそ、慈悲があるのではないか。自らの怒りが包み込まれる大海のような場としての慈悲。それを、賢治は『法華経』への信仰に見出したのだろう。………本文より
もくじ
まえがき 檻のなかの篝火
第一章 「春と修羅」の周辺
第二章 愛と慈悲、そして行き過ぎる表現
第三章 動物への慈悲、あるいは美しき徒花
第四章 静なる職業と慈悲
第五章 自力の慈悲、他力の慈悲
第六章 慈悲と通信
第七章 「もう一つの国」と植物たち
第八章 田園とインドラの網
第九章 慈悲のからだと「雨ニモマケズ」
第十章 「聴く」という慈悲
あとがき 拈華苦笑?

電子書籍

関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります