龍の棲む家

 上野でフィラデルフィア美術館展をやっているというので、身支度を調えて前傾姿勢で出かけていった。どうして前傾姿勢だったかというと、館内でレンタルできる音声ガイド(イヤホン式)の声が、檀れいさんだと新聞広告に書いてあったか […]

続きを読む… from 龍の棲む家

龍の棲む家

 父親に認知症が始まったと兄から知らされた幹夫は、実家に戻って父親と暮らし始めた。  働き盛りの男が仕事を捨てて介護に専念しようと決意するには大きな葛藤があろうと思うが、小説はそういう心理的背景には立ち入らない。また、父 […]

続きを読む… from 龍の棲む家

【文庫】龍の棲む家

龍になった父は、どこへ帰るのか。 飛躍する記憶と、無限の自由 ぼけたって父さんだ。いろんな時代の父さんが出入りするんだ。記憶をさまよう父と暮らす幹夫は、介護のプロ・佳代子と出会う。部下や家族を演じるうちに二人は…。僧侶作 […]

続きを読む… from 【文庫】龍の棲む家

龍の棲む家

ぼけたって父さんだ。いろんな時代の父さんが出入りするんだ。記憶をさまよう父と暮らす幹夫は、介護のプロ・佳代子と出会う。部下や家族を演じるうちに二人は…。僧侶作家があたたかく描く人の絆。 […]

続きを読む… from 龍の棲む家

トップへ戻ります