1. Home
  2. /
  3. おしらせ
  4. /
  5. Page 20

お知らせ


文藝春秋7月号の「小さな大物」のコーナーに登場

(2015年5月25日)

文藝春秋2015年7月号(6月10日発売・税込880円)の「小さな大物」のコーナーに、子供の頃からの写真が載ります。 本邦初公開の有髪の頃の写真も掲載されます。 […]

続きを読む… from 文藝春秋7月号の「小さな大物」のコーナーに登場


「天命」に解説執筆

(2008年9月19日)

もっとも善良でもっとも愛した人がなぜまっ先に死ななければならなかったのか。受け入れがたい不公平な死をどう乗り越えて生きていけばよいか、五木寛之が赤裸々に綴る―。生きることの意味を問いつづけてきた著者が、生涯最大・最終テー […]

続きを読む… from 「天命」に解説執筆


「頭取無惨」の解説を執筆

(2007年12月4日)

会社で戦え、社会で生きろ 6人の銀行員、それぞれのレジスタンス大手銀行広報部長、南雲龍一、45歳。「この人について行こう」そう、彼が心に誓った頭取をあまりにも急すぎる死が襲った。しかもそれは銀行の経営破綻が決定した夜のこ […]

続きを読む… from 「頭取無惨」の解説を執筆


「分冊文庫版 鉄鼠の檻 4」の解説を執筆

(2005年11月5日)

あるべきでないものは――矢張りない方がいい……発見なんかされなきゃ良かったんだ 「ああ云う場所はもう――これから先はなくなってしまうのだろうな」。京極堂は最後に独り言(ご)ちた。多くの仏弟子を次々に魔境へと拉(らっ)し去 […]

続きを読む… from 「分冊文庫版 鉄鼠の檻 4」の解説を執筆

1 18 19 20
トップへ戻ります