我が老師
(エッセイ・ 2006/5/16 )

 吉川英治は「会う人みな我が師なり」という意味のことを云(い)ったらしい。しかし私にとって師といえば、やはり天龍寺の平田精耕老師だ。深い交遊について書くようにとのご依頼だし、果たして老師とのことを「交遊」と呼んでいいかど […]

続きを読む…


積み木を蹴って、ごめんなさい
(エッセイ・ 2003/9/30 )

 今でこそ「和尚さん」なんて奉られ、あまつさえ芥川賞作家ということで「先生」などと呼ばれたりしているが、私には懺悔すべき過去が、かなりあるのである。  道場で警策で叩かれ、叩かれることを納得できる理由が見つからなくなると […]

続きを読む…


芥川賞全集 第19巻
(書籍・ 2002/12/8 )

出版社 文藝春秋
発売日 2002/12/8
価格 3238円+税
ISBN 9784165072904


氷雨 ~第100回芥川賞受賞者、李良枝氏没後10周年に寄せて~
(エッセイ・ 2002/5/18 )

 その日、私はヤンジさんの故郷である富士吉田へ、ヤンジさんと一緒に行った。彼女にとっては家出して京都の旅館に住み込んだ高校時代以来の、たぶん十年ぶりくらいの帰郷だったはずである。  帰郷するのにどれほどの理由が要るかは人 […]

続きを読む…


中陰の花
(書籍・ 2001/8/30 )

出版社 文藝春秋
発売日 2001/8/30
価格 1238円+税
ISBN 9784163205007


【文庫】中陰の花
(書籍・ 2001/8/30 )

出版社 文藝春秋
発売日 2005/1/7
価格 510円+税
ISBN 9784167692018


向かい合った人に共振していく ―第125回芥川賞に決まった臨済宗僧侶―
(インタビュー・ 2001/7/18 )

 二回目の候補での受賞の報は、福島県郡山市内で友人と「二匹目のドジョウを囲む会」を開いて待ったという。  「二匹目のドジョウが笑ったということで、とてもうれしい」  読経で鍛えた太い声で喜びを語った。  受賞作「中陰の花 […]

続きを読む…


坊さんが、坊さんとして書いていきたい
(インタビュー・ 2001/1/18 )

 新人作家の登竜門、芥川賞の選考会が十六日、東京であり、候補に選ばれていた田村郡三春町御免町、福聚寺副住職玄侑宗久(四十四)さんは、惜しくも受賞を逃した。候補作「水の舳先」は、人間の死を前に仏教とキリスト教の考えが交錯す […]

続きを読む…

トップへ戻ります