阿修羅

紙書籍



出版社
講談社 
出版社URL
発売日
2009年10月8日
価格
1700 円+税
ISBN
9784062152594 
Cコード
 
ページ
282 ページ
内容
今の「わたし」から目をそらさないで
妻は3つの「わたし」を生きていた
交叉する人格に対峙する、夫と医師。
それぞれの「わたし」という物語はいかに紡がれたのか?
阿修羅像を多重人格として読み替える美しくも大胆な試み。
小説家の想像力がまたひとつ「解離」の扉を開けた。
精神科医師 斎藤環
精神の奥底を僧侶作家が見つめる。
原因不明な妻の異変に悩む夫。知らない顔が現れる妻は解離性同一性障害(DID)の別性格と診断される。主治医が妻の過去を遡及してわかる精神の物語。
『阿修羅』は講談社創業100周年記念「100冊書き下ろし」の1冊です。

電子書籍

関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります