いのち愛(め)づる生命誌(バイオヒストリー)

子どもを考えることは 未来を考えること 「生きる」を“科学”“日常”の両方を備えたまなざしで捉え、やさしい言葉で語りかけてきた中村桂子。 「啓蒙」「教育」でなく「表現」、「人づくり」でなく「ひとなる」として、子どもたちと […]

続きを読む…

天命

もっとも善良でもっとも愛した人がなぜまっ先に死ななければならなかったのか。受け入れがたい不公平な死をどう乗り越えて生きていけばよいか、五木寛之が赤裸々に綴る―。生きることの意味を問いつづけてきた著者が、生涯最大・最終テー […]

続きを読む…

明るいクヨクヨ教

早朝の築地で魚河岸を見学。鹿児島でさつまあげに焼酎。松茸フルコースの「松茸一本蒸し」のお味。意外な食の宝庫、秋田でしょっつる鍋、きりたんぽなど郷土料理全品制覇に挑む。サッカーはヘン! 靴・ズボン・ベルトの哀れ。南伸坊氏と […]

続きを読む…

トップへ戻ります