1. Home
  2. /
  3. 東日本大震災
  4. /
  5. Page 2

「たまきはる福島基金」の今
(エッセイ・ 2018/6/10 )

 先日、「たまきはる福島基金」の理事会兼総会を郡山で開催した。今年で七年目に入る同基金の活動などを紹介したい。  もともとこの活動は、東日本大震災による甚大な被害を受けた市町村の、子供や若者たちを後押しするような活動を支 […]

続きを読む…


産経ニュースにインタビュー掲載
(おしらせ・ 2018/3/9 )

産経ニュース「変化を見つめて 東日本大震災7年」にインタビュー「(下)僧侶で作家・玄侑宗久さん 不安と共存、『今』を言祝ぐ」が掲載されています。 (上)は漫画家いがらしみきお氏、(中)はザ・タイムズ東京支局長リチャード・ […]

続きを読む…


毎日新聞にインタビュー掲載
(おしらせ・ 2018/3/6 )

3月5日の毎日新聞特集「それぞれの3.11」にインタビューが掲載されています。 […]

続きを読む…


時の在りか 愛とは被曝し合うこと
(論評・ 2018/3/3 )

 先週、放射能汚染土の袋があちこちに積まれる福島県の原発被災地を訪ねた。国内の新聞・通信・放送記者らによる日本記者クラブ取材団に参加した。現地で暮らす3人の話を紹介したい。  昨年3月、1地区を除いて避難指示が解除された […]

続きを読む…


日本記者クラブ福島取材団が福島訪問
(おしらせ・ 2018/2/21 )

2018年2月20日と21日の福島民報に日本記者クラブ福島取材団福島訪問の記事が掲載されています。 […]

続きを読む…


「竹林」……この厄介で魅力的な場所
(エッセイ・ 2018/1/9 )

 竹林とは不思議な場所である。風水ではその土地の歪みを矯正し、弱点を補うために竹を植えると聞いたこともある。また竹は地味豊かな土にしか生えないとされ、豊かな土壌の象徴でもある。  しかし最近は手が入れられず、放置されたま […]

続きを読む…


民主主義の赤字
(エッセイ・ 2017/12/3 )

 今朝もまた、ミサイルが飛んだらしい(十一月二十九日)。午前四時まえのことで、全国瞬時警報(Jアラート)も鳴らなかったから、知らない人も多いようだ。  青森県の漁師さんたちは相当緊張しただろうが、殆んどは「え? そうなの […]

続きを読む…


こころの好縁会
(エッセイ・ 2017/8/31 )

 正確には覚えていないがおそらくここ数年以上、「こころの好縁会」と銘打った講演や対談の催しに毎年招かれている。主催が岐阜県の大興寺(だいこうじ)さんと中日新聞社であるため、これまでは中部地方で開催されることが多かった。岐 […]

続きを読む…


地方自治と脳の仕組み
(エッセイ・ 2017/3/15 )

 通信網の発達により、地理的な距離が人間どうしの距離を意味しなくなってきた。遠くに住んでいても、ネットでの通信があるから親密な関係が保てると思いがちである。  しかし我々の頭には、やはり物理的な距離の遠近がどこかに意識さ […]

続きを読む…


見えない輪
(エッセイ・ 2017/3/1 )

 滝桜に向き合うと、私は時に「見えない輪」を二つ感じる。謎をかけるつもりはないので申し上げてしまおう。「見えない輪」とは、一つは年輪、もう一つはその子孫樹が描く巨大な円のことである。  まず年輪だが、当然ながらこれは伐ら […]

続きを読む…


やがて死ぬけしき 現代日本における死に方・生き方
(書籍・ 2016/8/26 )

出版社 サンガ
発売日 2016/8/26
価格 850円+税
ISBN 9784865640595


福島民友にインタビュー「5年の歴史」編へ識者の意見【番外編 下】掲載
(おしらせ・ 2016/6/24 )

2016年6月22日の福島民友にインタビュー「『5年の歴史』編へ識者の意見【番外編 下】」が掲載されています。 […]

続きを読む…

トップへ戻ります