リーラ 神の庭の遊戯

紙書籍



出版社
新潮社 
出版社URL
発売日
2004年8月31日
価格
1470 円+税
ISBN
9784104456055 
Cコード
 
ページ
221 ページ
内容
僧侶作家による究極の救いと再生の物語。
「忘れてなんかいない」
自ら命を絶った魂は救われるのでしょうか。
そして何も出来なかった私たちは―。
自ら命を絶った者に取り残された生者たち(家族、男友達、ストーカーの男)が魂の平安を回復しようとする物語です。一貫して真正面から「死と救済」に取り組んできた玄侑宗久が、自殺という重いテーマを扱った書き下ろしの長編小説です。
「リーラ」とは、インドの言葉で「神の遊戯」の意。
語源は「揺れる」です。

関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります