「六田知弘写真集 仏宇宙 Tomohiro Muda Buddha Universe」に解説「一隅を照らす」を執筆
(おしらせ・ 2020/3/27 )

「六田知弘写真集 仏宇宙 Tomohiro Muda Buddha Universe」に解説「一隅を照らす」を執筆しました。 また、この写真集の紹介記事を中外日報のサイトでご覧いただけます。 […]

続きを読む…

一隅を照らす
(エッセイ・ 2020/3/27 )

出版社 生活の友社
発売日 2020-03-03
価格 10,000円+税
ISBN 9784908429262

石田智子展「雑華 ありのままに」
(イベント・ 2020/3/5 )

石田智子は、紙撚(こより)を幾層にも重ね合わせて独自の世界を表出する美術作家です。彼女が作り出す幻想的な作品は、国内外で高い評価を得ています。 お寺に嫁いだ石田は、そこでの膨大な仕事を日々こなすなかで、紙撚による作品制作 […]

続きを読む…

六田知弘写真展「仏宇宙」開催記念トークショー
(イベント・ 2020/1/20 )

前期:2月11日(火・祝)~3月15日(日)「みほとけのかたち―日本」 後期:3月17日(火)~4月19日(日)「みほとけのかたち―アジア」 美術館開催案内より お二人は、2016年の六田さんの個展に玄侑さんが寄稿文を執 […]

続きを読む…

運慶展と六田(むだ)さん
(エッセイ・ 2018/1/31 )

 すでに開催期間は終わってしまったが、上野の東京国立博物館で開かれていた運慶展は凄かった。内容もさることながらあの行列……。  一度は講演のため上京した折、少し早めに行ってチケットを買ったのだが、「60分待ち」の看板に怖 […]

続きを読む…

「竹林」……この厄介で魅力的な場所
(エッセイ・ 2018/1/9 )

 竹林とは不思議な場所である。風水ではその土地の歪みを矯正し、弱点を補うために竹を植えると聞いたこともある。また竹は地味豊かな土にしか生えないとされ、豊かな土壌の象徴でもある。  しかし最近は手が入れられず、放置されたま […]

続きを読む…

入我我入(にゅうががにゅう)
(エッセイ・ 2016/9/10 )

 シャシンと聞いて、初めに「捨身」を想い、それから「ああ、写真」と思う。けれども写眞の眞とは何なのか、六田氏の作品を眺めるうちにわからなくなる。  眞は、いつかどこかに存在した束の間の時間かというと、そうでもない。印画紙 […]

続きを読む…

村上マンダラの深化
(エッセイ・ 2015/10/31 )

 自噴する修行僧のように制作を続けてきた村上隆氏が、今度は五百羅漢図を描いた。しかも見晴るかすことさえ難しい幅百メートルの大幅、高さも三メートルある代物である。  戦後日本のアニメやオタク文化を入り口に、江戸期からの伝統 […]

続きを読む…

加持の力
(エッセイ・ 2015/8/31 )

 先日、京都大学こころの未来研究センターの主催で、東日本大震災後の現状と問題点などをさまざまな観点で検討するシンポジウムが開かれた。題して「こころの再生に向けて」。  私は福島県民の現状を、平安朝に流行した「あはれ」とい […]

続きを読む…

白隠 厳粛かつポップな禅僧
(エッセイ・ 2012/11/12 )

 白隠慧鶴禅師は貞享二(一六八六)年、駿河の国、原の宿に生まれ、明和六(一七六八)年、八十四歳で遷化した臨済宗の僧である。諡(おくりな)は後桜町天皇から「神(しん)機(き)独妙(どくみよう)禅師(ぜんじ)」、明治天皇から […]

続きを読む…

トップへ戻ります