1. Home
  2. /
  3. 感想文
  4. /
  5. Page 3

感想文


21世紀のあくび指南(小島様 46才 群馬県 女性)

この対談本では次の反応というか、受け答えにやたらドキドキしました。落語の中に人の気持ちがおり込まれていて、その辺をお話されてたからでしょうか。 それから、志の輔さんの書簡にあったような、自然体にさせて引き出してくれるよう […]

続きを読む…


現代語訳 般若心経(益田様 23才 長崎県 男性)

玄侑宗久様へ 現代語訳般若心経を拝読させていただきました。 読んで一番に思ったのは、「我思わない、ゆえに我なし」という言葉でした。 これは、デカルトの言葉から連想して浮かんできた言葉(ちゃんと哲学をやってないのであってる […]

続きを読む…


まわりみち極楽論(北原様 29才 東京都 女性)

玄侑宗久さま まわりみち極楽論を拝読しました。 玄侑さんの御本は、読んでいて ぷぅ と笑ってしまいたい気持ちになります。 笑ってしまいたくなるのは、自分のことです。 なんか 恥ずかしくなるんですね。そして少し可愛く思えて […]

続きを読む…


慈悲をめぐる心象スケッチ(乾様 56才 東京都 男性)

『慈悲をめぐる心象スケッチ』を読みました。 賢治については大学生の頃からずっと疑問に思っていた事があります。 「春と修羅」の序文を見ると、ほとんど「見性」しているようにも思えるし、他の作品を見ると、存在が語る奇跡を歌うよ […]

続きを読む…


慈悲をめぐる心象スケッチ(小林様 44才 広島県 男性)

『慈悲をめぐる心象スケッチ』を読んでいて『祈り』について考えました。 私は目が悪いので眼鏡をかけています。毎朝目を覚ますとまず眼鏡を磨いて昨日の汚れを落とそうとするのですが、綺麗に磨くというのもなかなか難しいもので、そこ […]

続きを読む…


現代語訳 般若心経(上城様 41才 香川県 男性)

「現代語訳般若心経」を読んだのは、昨年末に四国お遍路29番札所までの旅をして、1月から、森本和夫氏の「正法眼蔵」を75巻まで読んだ後、「正法眼蔵」に2カ月近くかかりましたがドグマ的なものが何も残らない凄い思想書でした。「 […]

続きを読む…


ベラボーな生活(小野様 37才 新潟県 女性)

玄侑先生こんにちは。このお手紙が先生に直接読んで頂けるかと思うと感激です! 現在私は右脳左脳の全能教育を行う教室の講師として働いております。この仕事に携わるかどうか悩んだ時に先生の講演を拝聴し、(2004年11月「五十嵐 […]

続きを読む…


ベラボーな生活(片岡様 58才 兵庫県 女性)

兵庫県のある町で小売業を営むものです。 しばしの脳みその休息を、と読ませていただいております。 感想文と言うほどでもないのですが、本文中、スズメバチ、の事ですが、恐れ、怒りの波動を蜂は感じるのではないか、、と書いておられ […]

続きを読む…


現代語訳 般若心経(30代 女性)

解りやすかったです。そしてこれでよかったんだとほっとしました。 私の父は5年前に病気を苦に自死しました。 いろんな思いが巡って巡って、49日に渡されたお経のパンフレット「これを唱えることが一番の供養になる」と尼さんに言わ […]

続きを読む…


現代語訳 般若心経(有村様 54才 鹿児島県 女性)

般若心経と云うお経が写経ブームになって久しい様ですが、いろんな方の解説本を読んで見ましたが自分の腑に落ちるものがありませんでした。主人の突然の死を見送ってから四年じっくり内省する時間もあり、宗久さんの本をいろいろ拝読させ […]

続きを読む…


慈悲をめぐる心象スケッチ(相原様 38才 千葉県 女性)

まずは、冒頭の空君のご冥福をお祈り申し上げます。 私も3年程前に、生まれてくるはずの第2子をお腹の中で死なせてしまいました。しかし、その死によって自分の病気のことを知ることができました。 これも、子供が与えてくれた慈悲の […]

続きを読む…


ベラボーな生活(相原様 38才 千葉県 女性)

「べラボーな生活」を拝見しました。 先生におかれましては、お正月が待ち遠しいことでしょう。 新到さんのどんなご馳走を今年は召し上がられることでしょう(^^)v 先日、玄侑先生に初めてお会いしたとき、私の太い腿もさることな […]

続きを読む…

トップへ戻ります