感想文

お坊さんだって悩んでる(小島様 45才 群馬県 女性)

公式HP新しくなっておめでとうございます。 『お坊さんだって悩んでる』の感想 「貴方の惚れている仏教の教えを」(P175)という一文がよかったです。きらきらひかって、うれしくなってしまいました。どちらの和尚様も、そういう […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(オールド・ブラック・ジョー様 73才 北海道)

 「死んだらどうなるの?」知る分けもないが、知りたくもあり、知りたくも無し。  ふと立ち寄った書店で、立ち読みをしたところ、巻末に「確かめないでね」とあったのでここに惚れて購入したのが本書である。在来の書と視点が異なって […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(亀々様)

玄侑さーん 「死んだらどうなるの?」読み終えました。  ゴール。 死んだとおもったら、また誕生だったりして……。随所にさりげなくユーモアがあり苦笑しながら熟読しておりました。  私ごとですが、若いころ体が弱く五十歳まで生 […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(小林様 42才 広島県 男性)

「知性と科学の限界」のあたりを読み返していて、能力について考えていた頃の事を思い出しました。当時色々考えていた事をある友人に聞いて貰いたくなり、居酒屋でしこたま飲んだあと次のように切り出しました。 「何をどうやったとして […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(匿名希望 男性)

『死んだらどうなるの?』を読み終えたとき、「生まれ変わったら何になりたい」という話題を肴に酒を飲んだときのことを思いだしました。答えとしては「お金持ちの家に生まれてきたい」とか「可愛い女の子に生まれて、いい男と結婚して専 […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(むくもと様 56才 兵庫県 女性)

「あの世」、ってあるだろうなー?と思いつつ、玄侑さんはどのように語ってくださるか、愉しみをもって拝読させていただきました。 科学の眼を持つ禅のお坊様が「本音」で語ってくださったこと、直球で受け止めました。文字で解っていて […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(安積様 33才 宮城県 女性)

 幼い頃から私のなかでも抱いていたモヤモヤっとしたそれと、真剣に向き合って色々な方向から一生懸命攻めて下さっているので、とても嬉しく思いました。  宗教の事にしても、物理学にしても薄学の私はさて最後までついて行けるのでし […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(麻生様 25才 静岡県 男性)

「今」を感じる「皮膚感覚」や「実感」。 「それが全てなのかな」と感じた。もはや、「思考」してしまった、「死」は、恐ろしくてたまらないけど、「死」の克服とは、「今」をどのように感じるか、それに尽きるのだろう。 しかし、「死 […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(匿名希望 男性)

「私が死んだらどうなるのだろう?」と直接的なことを考えながら読ませていただいたのですが、もちろん答えは出ませんでした。 しかし死んでも生き続けているものはあると思いました。先人たちが残した美しい音楽や絵画、そしてすばらし […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(まこと様 39才 東京都 男性)

 何の取り柄もなく、「無事これ名馬」と自分をなぐさめる人生を送っていたのに、ちょっとした手術を受けることになりました。全身麻酔をかけるのだそうです。いつもは自分の年齢を「二十八歳」とごまかすのに、今はそんな余裕もないほど […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(敦子様 東京都 女性)

 幼い頃、母に「死んだらどうなるの?」と聞き、ワンワン泣いたのを覚えています。その頃から死ぬというイメージは、底なしの真っ暗な井戸のような穴の中を落ち続けることでした。あの落ちていく穴は、もしかして産道のイメージだったの […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(小島様 48才 群馬県 男性)

 カミサンに誘われて読み始めました。玄侑さんがお坊さんとは思えないほど科学的なお話が続き、時折訳がわからないほど頭の中が混乱しました。巻末に近づきやっとタイトルにつながった内容になり、ホットした感じです。  結局人間は、 […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(藤田様 30才 東京都 男性)

私は三十路に片足をいれたほどの若輩だが、この年でも身近なところで若い死に直面してきた。 以来私はなにかに挑戦するにあたって、どんなことでも死にはしない、という気構え、いわゆる「死ぬ気」でのぞんできた。決して死が恐ろしいも […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(匿名希望 39才 岐阜県 女性)

「死んだらどうなるの」か?そんなこと考えても分かるはずがないのは充分に承知しているはずなのですが、いざ身内の死や自分の死に直面したとき、「分からない」とあっさり言われてしまうのもやはり寂しいものです。この最大の難問に玄侑 […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(まお様 25才 男性)

幼い頃、「死んだらどうなるの」と考える度に、その悲しさから何か背中の下から上にかけて熱いものがこみ上げてくる様な感じがしたという記憶が鮮明にあります。 高校生になってからも変わらず、その答えを探す為に友人と議論したり、本 […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(匿名希望埼玉県 50代 女性)

 はじめに怖かった死のことが書いてありました。私も子供のころ同じような恐怖を抱いていました。そして無になることも信じたくなく、想いを変えて天国を信じ、空を見上げては、これでは空がいっぱいになってしまうと子供心に思っていま […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(匿名希望 フィラデルフィア 女性)

『死んだらどうなるの?』読み終わりました。今まで玄侑さんの御著書を何冊も読んできたし、講演会にも行って話を聞いてきたし、夫は夫で心理学者なのに原子物理学の論文も書いたりするから、ハイゼンベルクもシューレディンがーもボーア […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(淺海様 39才 埼玉県 女性)

父を17歳の時に亡くしたもので、身近な愛する人は突然にいなくなってしまうこと、いなくなってもその人の影響がなくなってしまうわけではないことなどをいつも感じながら生きてきました。 死ぬときは、「ああ、精一杯生きた」と思って […]

続きを読む…

死んだらどうなるの?(匿名希望 60代 福岡県 男性)

『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』リン・マクタガ-ド著(野中浩一訳)を読んでいる途中に、書店で貴著に出会いました。貴著を読んで驚いた。『フィールド』で紹介している科学者(異端科学者に見えるかもしれないが、まともかも […]

続きを読む…

トップへ戻ります