真の花

 桜には、複雑な思いがある。むろん私とて、桜の美しさに単純に打たれないわけじゃないのだが、桜は私にとって、単に観賞する相手では済まない存在なのである。  うちのお寺には大正五年に、四人の檀家さんによって三百五十本のソメイ […]

続きを読む…

化蝶散華

「身と貨と孰(いず)れか多(まさ)れる」 人間存在にとって金銭とは何なのか お金も「氣」も流動しめぐるもの? 禅寺の入婿として副住職の地位につく主人公の理洲は、かつて先物取引で親の老後の蓄えを全て失わせるという過去がある […]

続きを読む…

【文庫】化蝶散華

禅寺の入婿として副住職の地位につく主人公の理洲には、先物取引に溺れ親の老後の蓄えをすべて失わせた過去がある。悔恨から家出、浮浪者になり果て、最後は寺に拾われ僧侶になる。彼にずっとつきまとうのは人間の欲望と金の関係。禅の修 […]

続きを読む…

トップへ戻ります