泥のなかに咲いた蓮たち

 日本の仏教はすべて大乗仏教と括られるが、これは元々仏教サンガの周囲でその支持者であった在家の人々が教義も学びはじめ、仏塔や経典を守るだけでは飽き足りなくなって自分たちも包含した教えの拡張を願い、その結果できあがってきた […]

続きを読む…

釈迦

この世は美しい。人の命は甘美なものだ――。釈迦入滅にいたる最後の旅は八十歳の時。侍者は、釈迦に二十五年間仕えたアーナンダひとり。老いた肉体を嘆きながら、釈迦は何を考え、どんな言葉を残したか……。今までになく親しみやすい人 […]

続きを読む…

トップへ戻ります