喪失から創作へ

 一級建築士として活躍していた村越さんは、近所の公園でジョギング中に脳出血を起こし、入院生活を余儀なくされる。六十歳という働き盛りのことでもあり、そのショックは大変なものだっただろうと推察する。  この本は、村越さんが五 […]

続きを読む…

トップへ戻ります