怪しい薬売り

 昔、うちのお寺には、不思議な出で立ちの薬売りが定期的に来ていた。子供だった私の記憶だからアテにはならないが、どうもそれは忍者を彷彿させたのである。  むろん、実際の忍者など見たこともない。仲間とブリキで手裏剣を作り、黒 […]

続きを読む…

富山の置き薬(下)

笑顔を届ける富山の薬売り 昨年・一昨年に発刊された『富山の置き薬』の第3弾。 江戸時代から連綿と続く富山売薬は、全国に薬と笑顔を届けてきた。本庶佑による巻頭エッセイをはじめ、奥田瑛二、遠山敦子、柴田理恵、室井滋、近藤誠一 […]

続きを読む…

トップへ戻ります