花を弄すれば
(エッセイ・ 2020/2/10 )

 「花を弄(ろう)すれば香り衣に満つ」という禅語がある。もとは唐の詩人于良史の詩「春山夜月」の一節だが、禅の世界では時に作者の意図を超え、人生上の意味を込めて使うことが多い。ここでは、花に囲まれ花に触れていれば衣類に芳香 […]

続きを読む…


さすらいの「縁起」
(エッセイ・ 2020/1/1 )

 どうやらここで私に期待されている役割は、本来の「縁起」の意味を提示することらしい。つまり「良い」とか「悪い」とか、挙げ句は「担」がれたりもする縁起だが、そもそも縁起とはいったい何なのか、そのことをご期待に沿うべく書いて […]

続きを読む…


南山に雲起こり……。
(エッセイ・ 2016/11/30 )

 禅語に、「南山に雲起こり、北山に雨下(ふ)る」という言葉がある。辞書によっては「雲を起こし」「雨を下(くだ)す」と訓じているが、これは中国語独特の表現であくまでも自発。他動詞的に訳すと余計な意味が付着する。  そんなこ […]

続きを読む…


ないがままで生きる
(書籍・ 2016/1/5 )

出版社 SBクリエイティブ
発売日 2016/1/5
価格 800円+税
ISBN 9784797384802


巻頭墨跡「風流」
(エッセイ・ 2015/1/8 )

 すでに十一世紀には白雲守端(しゅたん)禅師が禅語として用い、「風流ならざる処もまた風流(不風流処也風流)」と言った。どんなに無様(ぶざま)な事態に陥(おちい)っても、やがて揺らいで重心を取り直し、「ゆらぎ」そのものを風 […]

続きを読む…


さすらいの仏教語
(書籍・ 2014/1/24 )

出版社 中央公論新社
発売日 2014/1/24
価格 800円+税
ISBN 9784121022523


禅と仮想
(エッセイ・ 2006/1/10 )

 なぜだろう、茂木さんの書かれるものは、すんなり腑に落ちる。  ご本人には心外かもしれないが、たぶんそれは、文学的だからというだけでなく、仏教的あるいは禅的だから、かもしれない。  今回茂木さんが手にした鉗子(かんし)は […]

続きを読む…


禅語遊心
(書籍・ 2005/11/10 )

出版社 筑摩書房
発売日 2005/11/10
価格 1600円+税
ISBN 9784480842688


【文庫】禅語遊心
(書籍・ 2005/11/10 )

出版社 筑摩書房
発売日 2008/11/10
価格 680円+税
ISBN 9784480424891


鏡板の老松
(エッセイ・ 2005/10/5 )

 能舞台の正面奥の鏡板には、必ず老松の絵が描かれている。これはもともと、奈良春日大社の一の鳥居のところの影向の松の下で神事が行われたことに由来するらしい。  松は昔から、神の天降りを「待つ」神聖でめでたい木とされてきた。 […]

続きを読む…

トップへ戻ります