1. Home
  2. /
  3. 禅語・仏教語
  4. /
  5. Page 2

言語道断と自業自得
(エッセイ・ 2005/2/26 )

 よく耳に馴染んだ四字熟語だと思うが、正確な意味はご承知だろうか。  言語道断(ごんごどうだん)はよく「道」が「同」と間違って書かれるが、本来「道」は「いう」と読み、言語で道(い)うことが難しい不可思議な仏法のこと。禅語 […]

続きを読む…


どっこいしょ
(エッセイ・ 2005/2/19 )

 立ったり坐ったりするとき、「どっこいしょ」と呟(つぶや)いたりすると「年だなぁ」なんて冷やかされる。あるいは自分で自嘲のわらいを漏らしたりするわけだが、この言葉、もともとは「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」がなまった […]

続きを読む…


魔羅
(エッセイ・ 2005/2/12 )

 思わず眉(まゆ)を顰(ひそ)める方もおありだと思うが、これも仏教語なのだから仕方ない。もともとは僧侶たちだけが使った隠語なのだが、いつのまにか世間に知られてしまった。ばらしたのは誰だ?  本来は梵語(ぼんご)のマーラだ […]

続きを読む…


檀那と坊主
(エッセイ・ 2005/2/5 )

 「社長、ちょっと寄ってくださいよ」なんて今の客引きは誘うが、昔は「旦那(だんな)さん」と呼びかけた。この「旦那」、本来は「檀那」と書く。梵語のダーナパティの音写である。  もともと仏教教団を経済的に支えた布施者のことだ […]

続きを読む…


ホラ吹き
(エッセイ・ 2005/1/29 )

 ホラ吹きとは、一般にはウソつきのことだが、時には事を大袈裟(おおげさ)に話すことも含む。その場合は特に「大法螺(おおぼら)を吹く」と言ったりする。  ご存じのように、法螺とはもともと修験道などで使われるホラ貝製の楽器で […]

続きを読む…


後生と一蓮托生
(エッセイ・ 2005/1/22 )

 最近はあまり耳にしなくなったが、「後生(ごしょう)だからお金貸しておくれよ」なんて、昔はよく聞いたものだった。今でも時代劇だと「後生だから命ばかりは」などと頼む。  この「後生」は、むろん本来は後の生、つまり来世のこと […]

続きを読む…


莫迦
(エッセイ・ 2005/1/15 )

 以前、『全国アホ・バカ分布考』という本があった。題名に似合わずまじめな言語学の本で、柳田国男さんの『蝸牛考(かぎゅうこう)』を推し進める形で言葉の発生と伝播(でんぱ)について論じていた。  つまり昔の言葉のほとんどは京 […]

続きを読む…


師子身中の虫
(エッセイ・ 2005/1/5 )

元来 仏法に害なす者  たいていは「恩恵をこうむりながら味方を裏切る者」といった意味で使われるが、もともとは「仏法に害をなす者」。獣偏を省いて師子と書くが、これは経本における習慣で、獅子と同じと思っていい。獅子は本来は架 […]

続きを読む…


翻訳された神さまのこと
(エッセイ・ 2004/1/31 )

 ある宗教が外国に輸出される場合、どうしても翻訳作業が伴う。ということは全く新しい概念が入ってきたとしても、それまで使われてきた言葉に翻訳される限りどうしても変質せざるを得ないということだ。もともとその言葉にあった意味が […]

続きを読む…


禅的生活
(書籍・ 2003/12/8 )

出版社 筑摩書房
発売日 2003/12/8
価格 780円+税
ISBN 9784480061454


私の一点
(エッセイ・ 2003/6/26 )

目の悟り 本来の自己「現す」のが真骨頂 (鎌倉-禅の源流展)  新聞紙上でどの程度文字が読みとれるか疑問だが、これは大覚禅師蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が建長寺で弟子に示した言葉である。「無位の真人」(あらゆる立場や役 […]

続きを読む…

トップへ戻ります