風流ここに至れり

紙書籍



出版社
幻戯書房 
出版社URL
発売日
2014年11月25日
価格
2000 円+税
ISBN
9784864880619 
Cコード
 
ページ
252 ページ
内容
震災をはさんでの、この10年玄侑宗久の心の「ゆらぎ」
「今」にゆらぎながら、常に重心を取り直す禅の智慧
流動し続ける現実に、文学は、宗教は、どう向き合うのか。
福島県三春町在住の僧侶・作家による、10年以上にわたる「風流」=「ゆらぎ」の軌跡と禅のエッセンス。
2001年以降に発表されたエッセイの中から、「福島」「文学」「禅」をテーマに精選。
本文から
タイトルの「風流ここに至れり」は、芭蕉翁が『奥の細道』の最上川あたりで書き付けた言葉から戴いた。(……)東日本大震災以後、私のなかでこの「風流」という言葉がとりわけ大きな意味をもつようになった。様々な予期せぬ事態に直面し、やはり予断を強めるのではなく、常に「今」にゆらぎながら重心を取り直すしかないのだと、あらためて感じる日々なのである。
もくじ
Ⅰ 三春の桜
Ⅱ 有縁無縁
Ⅲ 福島で読む
Ⅳ 文学の自由
Ⅴ 片手の音
Ⅵ 幽玄に向かう時

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります