エッセイ

無茶

(2018/08/12 福島民報掲載)

 筋道が立たないこと、道理に合わないことを昔から「無茶」という。誰もが何度も口にした言葉だと思うが、「無茶」はどうして「無茶」と書くのだろう? 小学館の『日本国語大辞典』によると、「無茶」はあて字、「無茶苦茶」もあて字だ […]

続きを読む…

ホトトギスとウグイス

(2018/07/31 東京新聞ほか掲載)

 裏山でホトトギスが、庭でウグイスが鳴いている。ウグイスはもちろん梅の季節から初々しく鳴きだし、今では臈長けた声で「ホー法華経」どころかもっと複雑な鳴き方もする。時折、自分の声に酔っているのではないかと思うことさえあり、 […]

続きを読む…

「たまきはる福島基金」の今

(2018/06/10 福島民報掲載)

 先日、「たまきはる福島基金」の理事会兼総会を郡山で開催した。今年で七年目に入る同基金の活動などを紹介したい。  もともとこの活動は、東日本大震災による甚大な被害を受けた市町村の、子供や若者たちを後押しするような活動を支 […]

続きを読む…

しゃがむ土偶

(2018/05/31 東京新聞ほか掲載)

 夕焼け空にカラスが飛ぶのを見て、ふと「七つの子」を憶いだした。「カラス、なぜ鳴くの? カラスは山に、可愛い七つの子があるからよ」(野口雨情作詞)というあの曲である。  そしてこれまた自然に、大学時代に中国から留学してい […]

続きを読む…

忖度と談合

(2018/04/30 東京新聞ほか掲載)

 うちの地方では法事などの墓参の際に、お墓で「だんご」を食べる習慣がある。最近は普通のお菓子だったりもするが、「だんご」が出てくると必ず誰かが子供に向かって言う。「このだんご食べると、頭がよくなるんだぞ」。  そこで私は […]

続きを読む…

愛姫生誕四百五十年

(2018/04/08 福島民報掲載)

 お寺ではあまり生誕何年というお祝いはしないのだが、今年は永禄十一(一五六八)年に生まれた愛(めご)姫(ひめ)の誕生から四百五十年めになる。福聚寺の開基田村家のご息女であるわけだし、年忌ではないが無視するわけにもいくまい […]

続きを読む…

めでたい花まつり

(2018/04/01 うえの掲載)

 お釈迦さまの誕生を祝うお祭りは、アジアだけでなく世界各地で行なわれている。灌仏会(かんぶつえ)とか降誕会(ごうたんえ)、また明治以降は「花まつり」という呼称も使われるようになった。その誕生を祝福し、九頭の龍が現れて産湯 […]

続きを読む…

国土について

(2018/03/31 東京新聞ほか掲載)

 国土について考えてみた。最近は特に北海道などで、外国人が土地を買うケースが増えているという。外国に住む人でも所有できる土地がはたして国土と呼べるのか……、そんな疑問からである。  昔の日本人はその土地ごとに神さまがいて […]

続きを読む…

猪目(いのめ)

(2018/02/28 東京新聞ほか掲載)

 以前、伊勢神宮にも「ダビデの星」があると聞いて驚いたのだが、当時はまだネット環境のない時代だった。ところが今や、グーグルで「伊勢神宮」「ダビデの星」と入れて検索すると、二万件ちかくもヒットする。なかにはそれを以て、日本 […]

続きを読む…

聖「冬のポンプ屋さん」

(2018/02/04 福島民報掲載)

 職業に貴賤(きせん)はないし、どの仕事もそれなりに大変なのはむろん承知している。海幸彦山幸彦の話を持ちだすまでもなく、どだい比べようがないのだし、かの福沢諭吉先生も他人の職業を羨(うらや)むことは世の中で最も下品なこと […]

続きを読む…

運慶展と六田(むだ)さん

(2018/01/31 東京新聞ほか掲載)

 すでに開催期間は終わってしまったが、上野の東京国立博物館で開かれていた運慶展は凄かった。内容もさることながらあの行列……。  一度は講演のため上京した折、少し早めに行ってチケットを買ったのだが、「60分待ち」の看板に怖 […]

続きを読む…

「竹林」……この厄介で魅力的な場所

(2018/01/09 一冊の本掲載)

 竹林とは不思議な場所である。風水ではその土地の歪みを矯正し、弱点を補うために竹を植えると聞いたこともある。また竹は地味豊かな土にしか生えないとされ、豊かな土壌の象徴でもある。  しかし最近は手が入れられず、放置されたま […]

続きを読む…

民主主義の赤字

(2017/12/10 福島民報掲載)

 今朝もまた、ミサイルが飛んだらしい(十一月二十九日)。午前四時まえのことで、全国瞬時警報(Jアラート)も鳴らなかったから、知らない人も多いようだ。  青森県の漁師さんたちは相当緊張しただろうが、殆んどは「え? そうなの […]

続きを読む…

奉納演武

(2017/11/30 東京新聞ほか掲載)

 好く晴れた秋の日の午後、私はその人の来訪を楽しみに待っていた。以前からお寺の坐禅会に何度も参加し、顔も姿もよく存じ上げているのだが、今日は特別だった。彼が長年修練してきた真剣による演武を見てほしい、そしてその上で話した […]

続きを読む…

無熱の慈しみ

(2017/10/31 東京新聞ほか掲載)

 北朝鮮のミサイルが止まらない。核実験も続いている。九月十五日朝のミサイルは、襟裳岬上空を通りながら三、七○○kmを飛んだ。最早明らかにグアム島も射程内である。  韓国では同じ頃、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が地対地弾 […]

続きを読む…

山繭さま

(2017/10/01 福島民報掲載)

 この夏、女房が伊達市の「霊山こどもの村」で、繭(まゆ)を使ったワークショップを行なった。繭から純白の糸をほぐし、それを自分なりに膨らませた風船にもう1度巻きつけ、乾いたら風船を割る。すると自分だけの形の繭ができあがると […]

続きを読む…

お墓と「くさはら」

(2017/09/30 東京新聞ほか掲載)

 前回、熊本県の阿蘇の草原(そうげん)の美しさについて少しだけ触れた。じつは大雑把に草原といっても「自然草原」と「二次的草原」があり、阿蘇の草原は後者に属する。つまり自然のままに放置すればいずれ森林になってしまう場所が、 […]

続きを読む…

「禅と骨」とミトワさん

(2017/09/02  映画「禅と骨」パンフレット掲載)

 私とミトワさんの接触は、さほど多かったわけではない。禅寺では毎月朔日と十五日、「祝聖(しゅくしん)」といってこの国の安泰を祈る儀式を法堂(はっとう)でするのだが、天龍寺の雲水だった私は列の後ろのほうから向かい側に立つミ […]

続きを読む…

こころの好縁会

(2017/08/31 東京新聞ほか掲載)

 正確には覚えていないがおそらくここ数年以上、「こころの好縁会」と銘打った講演や対談の催しに毎年招かれている。主催が岐阜県の大興寺(だいこうじ)さんと中日新聞社であるため、これまでは中部地方で開催されることが多かった。岐 […]

続きを読む…

喉仏の効用

(2017/07/31 東京新聞ほか掲載)

 このところ、誤嚥性肺炎で亡くなる方が増えている。長年、死因の第一位はがん、第二位が心臓疾患、第三位は脳血管障害というのが不動の順位だったのだが、二○一一年に肺炎が四位から三位に上昇し、今も三位を保っている。実際には、が […]

続きを読む…

トップへ戻ります