エッセイ

「言った」「言わない」

(2017/07/30 福島民報掲載)

 結婚して数年の頃か、「言った」「言わない」という論争ほど無益なものはないと悟り、記憶を頼りに正しさを主張するのはやめにした。どちらかの記憶が間違っていることもあるが、人の記憶はもともと曖昧なものだし、時と共に変質もする […]

続きを読む…

稚児行列

(2017/05/31 東京新聞ほか掲載)

 五月五日、子供の日に、わが三春町では恒例の稚児行列が行なわれた。大正時代から続く伝統行事だが、今年も快晴に恵まれ、のどかに平和裡に圓成した。  稚児行列とは、幼な子たちを仏さまの子供とみなし、その健やかな成長を願って行 […]

続きを読む…

危うい優生思想

(2017/05/28 福島民報掲載)

 デザインベビーという言葉が使われるようになって久しい。アメリカではノーベル賞受賞者の精子を高く買い、美人でグラマラスな女性の卵と受精させる、というのもあながち冗談ではないらしい。  神への冒涜、あるいは自然への挑戦と言 […]

続きを読む…

月下氷人

(2017/04/30 東京新聞ほか掲載)

 最近、じつは頼まれて仲人を務めることになった。今の若い世代は仲人など頼まず、神仏も頼まず、人前結婚などという気楽なスタイルが多いようだが、新郎がお寺の副住職ではそうもいかない。  つくづく思うのだが、結婚に至る手続きが […]

続きを読む…

おおブレネリ

(2017/03/31 東京新聞ほか掲載)

 先日、スイス在住の日本人音楽家たちのコンサートを開いた。主催は私が理事長を務める「たまきはる福島基金」で、スイス大使館や内閣府などの後援もいただいた。  アルト歌手の沓沢(くつざわ)ひとみさん、ピアノの岩井美子(よしこ […]

続きを読む…

「ひよわな国」と移民の問題

(2017/03/20 やくしん掲載)

 イギリスがEUという単一市場からの完全撤退を決定した。移民の問題が一番の要因だったようである。相互の人の流入を制限しないシェンゲン協定の方針にも同意せず、イギリスは物の出入り(貿易)だけは維持したかったわけだが、「それ […]

続きを読む…

地方自治と脳の仕組み

(2017/03/15 地方議会人掲載)

 通信網の発達により、地理的な距離が人間どうしの距離を意味しなくなってきた。遠くに住んでいても、ネットでの通信があるから親密な関係が保てると思いがちである。  しかし我々の頭には、やはり物理的な距離の遠近がどこかに意識さ […]

続きを読む…

見えない輪

(2017/03/01 ノジュール掲載)

 滝桜に向き合うと、私は時に「見えない輪」を二つ感じる。謎をかけるつもりはないので申し上げてしまおう。「見えない輪」とは、一つは年輪、もう一つはその子孫樹が描く巨大な円のことである。  まず年輪だが、当然ながらこれは伐ら […]

続きを読む…

土と建物のおもしろい関係

(2017/02/28 東京新聞ほか掲載)

 先日、庫裏の建築をめぐって今年初めての工程会議が開かれた。毎月たいてい一度は設計士の前田伸治先生(「暮らし十職」主宰)がお出でくださるのだが、この日も遠く伊勢から駆けつけてくださった。  いつも工程会議を進行する加藤工 […]

続きを読む…

古梅園の墨

(2017/01/31 東京新聞ほか掲載)

 先日、奈良トヨタから講演に招かれ、師走の奈良にお邪魔してきた。  社長の菊池攻氏は、毎回講演翌日に近隣の小旅行を計画してくださる。これまでにも東大寺や西大寺、信貴山や吉野の金峯山寺、あるいは壺阪寺など、滅多にお邪魔でき […]

続きを読む…

デスモスチルス

(2016/12/31 東京新聞ほか掲載)

 先日、久しぶりに北海道に行ってきた。帯広空港の北東にある本別町(ほんべつちょう)という小さな町、と言いたいところだが、人口は少ないが面積はやたらに広い。ちなみに隣の足寄町(あしょろちょう)は日本一広い町で、その面積は香 […]

続きを読む…

鍋の功徳

(2016/12/01 てんとう虫掲載)

 冬になると、鍋を囲みたくなる。鍋をつつくでも、鍋料理を頂くでもいいのだが、やはり鍋といえば「囲む」という言い方が似つかわしい。独りで囲むことはできないから、そこには当然家族の団欒があり、また客との交歓がある。  以前、 […]

続きを読む…

南山に雲起こり……。

(2016/11/30 東京新聞ほか掲載)

 禅語に、「南山に雲起こり、北山に雨下(ふ)る」という言葉がある。辞書によっては「雲を起こし」「雨を下(くだ)す」と訓じているが、これは中国語独特の表現であくまでも自発。他動詞的に訳すと余計な意味が付着する。  そんなこ […]

続きを読む…

イスラム社会と向き合う

(2016/11/13 福島民報掲載)

 イスラム社会の存在感がなんとなく増大している。しかも日本人には、ムスリム(イスラム教徒)についての知識が少ないから、IS(イスラム国)との区別もつかず、ただ怯えを増大させているかに思える。  イスラム社会といえば、すぐ […]

続きを読む…

鎖国と和算

(2016/10/31 東京新聞ほか掲載)

 私の住む三春町で、最近和算の額が話題になっている。和算とは、江戸時代にこの国で独自に発達した数学だが、町内の神社仏閣から、和算額と呼ばれる絵馬のような額がたくさん見つかっているのである。  和算といえば、関孝和が有名だ […]

続きを読む…

禅における心とかたち

(2016/10/01 うえの掲載)

 臨済禅師一一五〇年、白隠禅師二五〇年遠諱(おんき)を記念し、東京国立博物館で「禅ー心をかたちにー」展が十月十八日から開かれる。先行してこの春に京都展があったわけだが、それとはまた些か形を変え、即ち心も入れ替えて再びのお […]

続きを読む…

さらば、ニャン太郎!

(2016/09/30 東京新聞ほか掲載)

 お盆になると、子供の頃からいろんなことが起こったものだ。東京オリンピックの年に二匹の猫が貰われてきたのもお盆前。またその後に飼ったナムという柴系の雑種もお盆に境内に捨てられた犬だった。近所の人に拾われたスピッツは同じく […]

続きを読む…

己の欲せざるところ

(2016/09/11 福島民報掲載)

 『新約聖書』マタイによる福音書第七章十二節には、「己の欲するところを人に施せ(Do as you would be done to)」とある。一方、『論語』には二カ所、顔淵篇(がんえんへん)と衛霊公篇(えいれいこうへん […]

続きを読む…

入我我入(にゅうががにゅう)

(2016/09/10 写真家 六田知弘展「火・風ノ貌 KA・FU NO BO」図録掲載)

 シャシンと聞いて、初めに「捨身」を想い、それから「ああ、写真」と思う。けれども写眞の眞とは何なのか、六田氏の作品を眺めるうちにわからなくなる。  眞は、いつかどこかに存在した束の間の時間かというと、そうでもない。印画紙 […]

続きを読む…

ほの三か月

(2016/08/31 東京新聞ほか掲載)

 七月になると、なぜか出羽三山が憶いだされる。一度しか行ったことはないが、その体験が鮮烈だったのである。  湯殿山、月山、羽黒山それぞれに特徴があり、なかなか一言では表現できないが、そこには古代から続く神仏習合がある。い […]

続きを読む…

トップへ戻ります