「つぶやき」のヘイト政治
(エッセイ・ 2017/1/22 )

 いつから人々は、なにかを嫌うことを権利として認めるようになったのだろう。しかも私的な場面ではなく、公の場での話である。  思うにそれは「嫌煙権」という言葉からではなかったか。  好きとか嫌いというのは価値判断というより […]

続きを読む…


イスラム社会と向き合う
(エッセイ・ 2016/11/13 )

 イスラム社会の存在感がなんとなく増大している。しかも日本人には、ムスリム(イスラム教徒)についての知識が少ないから、IS(イスラム国)との区別もつかず、ただ怯えを増大させているかに思える。  イスラム社会といえば、すぐ […]

続きを読む…


己の欲せざるところ
(エッセイ・ 2016/9/11 )

 『新約聖書』マタイによる福音書第七章十二節には、「己の欲するところを人に施せ(Do as you would be done to)」とある。一方、『論語』には二カ所、顔淵篇(がんえんへん)と衛霊公篇(えいれいこうへん […]

続きを読む…


第三者の「推認」
(エッセイ・ 2016/7/10 )

 このところ、第三者委員会というのが流行っている。東京都知事だった舛添要一さんで有名になった感があるが、じつはその前の猪瀬直樹知事の問題のときも、また小渕優子元経産大臣の会計処理問題でも活躍した。  舛添知事のときは、「 […]

続きを読む…


ご縁の善し悪し
(エッセイ・ 2016/5/8 )

 4月16日深夜、熊本で「本震」があったとき、私はすでに布団の中だった。翌朝、新聞で大変な事態が起こったことは知ったのだが、依然として私はそこに注意を集中できずにいた。  父が亡くなり、その本葬が4月18日であったため、 […]

続きを読む…


岳温泉のひな祭り
(エッセイ・ 2016/3/6 )

 毎年三月のひな祭りの季節には、二本松市の岳温泉に出かけることになっている。「あだたら漫遊博 おかみと過ごすひな祭り」というイヴェントがあり、私も講演を依頼されているのである。  岳温泉観光協会女性部と「おかみ会」の主催 […]

続きを読む…


入会地という思想
(エッセイ・ 2016/1/3 )

 中間貯蔵施設が暗礁に乗り上げている。約16万平方キロの予定地に、地権者は約2400人。ところがそのうち、約1200人しか居場所や名前がわからない。残りの1200人ほどは、行方が分からなかったり、また登記の名義人が亡くな […]

続きを読む…


オノマトペ
(エッセイ・ 2015/11/1 )

 日本語にはオノマトペ、つまり擬音語・擬態語などが五千もあり、世界的にも珍しい言語らしい。たとえば近頃の私の気分も、気鬱や諦念などの漢語では表しきれず、「うんざり」としか言いようがない。  TPPという秘密交渉の、結果の […]

続きを読む…


「洗い」と「石場建て」
(エッセイ・ 2015/8/30 )

 本堂の改修工事がほぼ終わり、あとは漆塗りなど一部を残すだけになった。山形の加藤工匠の棟梁ほか3人の大工さん、銅屋根を葺(ふ)いてくれた小野工業や鳶(とび)職の面々、左官屋さん、建具屋さんに畳屋さん、そして電機屋さんや洗 […]

続きを読む…


牛五郎の恋と平和
(エッセイ・ 2015/6/28 )

 六月、皐月が咲く頃に、今年もウシガエルの牛五郎が池で鳴きだした。我々夫婦が勝手に「牛五郎」と呼んでいるのだが、まだ姿は見たことがない。以前はよく考えもせず、どこかから来るのだと思い込んでいたが、どうも彼らは池の底の泥土 […]

続きを読む…

トップへ戻ります