なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ

紙書籍



出版社
筑摩書房 
出版社URL
発売日
2020年5月9日
価格
1600 円+税
ISBN
9784480815538 
Cコード
C0095 
ページ
240 ページ
内容
東京新聞・中日新聞ほかで連載された「うゐの奥山」を書籍化しました。
もくじ
みんな同い年
不自由ゆえの飛翔
花御供
五重塔の意地と祈り
ご先祖さまもお元気で
人権、この厄介なるもの
忌み詞
風邪の効用
「菊と刀」と「両行」
丘にあがった船
効率と和合
キャンベル先生
「手入れ」しつづける国
蛇の目
お彼岸とお盆
朽ちつづける家
節約の代償
清新の気
勧進帳
八風吹けども
栗の花
学術論文発表
新「夢の島」構想
フクシマ・フィフティー
「忘れる」ことの功徳
ミトコンドリアの秘策
門中のこと
石は軟らかい?
一文銭の祈り
大工さんと大工蜂たち
川内村とシロヤシオ
加持の力
線状降水帯
南都隣山会
負けるが勝ち
妙法
ビッグデータ
あさ
レジリエンスと「寿(ことぶき)」
ほの三か月
鎖国と和算
デスモスチルス
古梅園の墨
土と建物のおもしろい関係
おおブレネリ
月下氷人
稚児行列
喉仏の効用
お墓と「くさはら」
奉納演武
運慶展と六田さん
猪目
国土について
忖度と談合
しゃがむ土偶
ホトトギスとウグイス
池さらい
「陰翳」の功徳
壁と三和土の魅力
金と銀
さようなら
僧衣と運転
半僧坊
敷地内引越し
鱗敷
走馬燈

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります